海外美容室の体験しませんか!?

ワタナベユキヒロ

はじめまして、オーストラリアで美容室をしていますYUKIです。オーストラリア美容室で一緒に経営の勉強しませんか?

ずばり、ここに来て一緒に働いてみませんか?!

給料をもらいながら起業の経験も積める一石二鳥うますぎ

海外で働くにはその国で就労することが出来るVISAが必要になります。

ワーキングホリデービザ、学生ビザ永住ビザ、ビジネスビザ※美容師はここブリスベンでは永住ビザが取れません。スポンサービザ(SC482 Short-Term stream)という2年間の滞在(さらに2年間追加で申請が出来る、合計4年間)が取れますが、 残念ながらビジネスビザから永住権につながることが出来ません。

お店がスポンサーになってビジネスビザを取得できれば、最低賃金約55000ドル+スーパー(厚生年金のようなもの)が保障されます。(これらVISAの詳しい諸条件に関してはエージェントなどからご自身で調べて下さい)

IELTS という英語のスコアも獲得する必要がありますが、美容師経験、英語力、犯罪履歴無し、など諸条件をクリア出来れば年齢制限でワーホリが取れないアラサー・アラフォー・アラフィーの貴方でも海外で美容室としてあなたの経験を活かし活躍ができます。(ただし、4年後にはビザが切れそれ以上の永住はできません。)

今後の展開もしっかり計画してのチャレンジでしたら価値はあります。うまくいかなかったときの事までこと細く考えて、リスクを最小限に抑えるように計画しましょう。そうすれば、やらなければ良かったがなくなります。

実際、私の店舗のスタッフも40代後半で学生ビザからビジネススポンサーを申請するためのチャレンジ中です。未来はあなた自身が作るものです、誰かが作ってくれる未来に乗っかる事も出来ますが、自分で切り開いた未来は裏切りません。

日本人サロンは海外ではとても人気です。と言っても、日本の技術をそのままやっても現地の人は喜びません。現地の人が好きなことを知り、文化をリスペクトした上で、日本人の細やかな技術、サービスを提供することで、受け入れてもらえるのです。

VISA等の諸条件が確保出来るのであれば、是非、ここに来て一緒に仕事をしてみることをおすすめします。出来れば、学生ビザ、ワーホリビザを取り、最低1年位一緒に働けると、一人美容室のノウハウ等が直接体験できますのでオススメです!

1年という期間が長いか短いか?は人それぞれ感じ方が違います。オンライン講座等で、成功ノウハウを一年間仕事をしながら勉強して、ノウハウを詰め込むということは、時間の作れない美容師たちにとっては、結果が見えます。。

1年を分けて計画してみると、最初の3カ月で、オーストラリアの生活、現地人の髪の好み流行、何より、違いを把握してもらいます。初めて担当するから失敗もある?

失敗しないように3カ月で 初めての人でもリピートするしくみと、技術を修得です。

ワーホリVISAはお勧めできない。学生ビザが良いよ!

ワーホリVISAですと同じ店では6カ月しか働けません。目的を “海外で働く=一人美容室のノウハウを学ぶ” という趣旨には時間が短そうですね。

学生ビザで英語を勉強しながら長期で働けます。ここで言う海外で働く=一人美容室のノウハウを学ぶという趣旨に良さそうですね。

ワタナベユキヒロ

あなたが、たった一人で美容室経営をしているならば、1年間も休むことが出来ないと思うんです。ですから、

  1. これから経営をしたい美容師
  2. 雇われから独立を考えている美容師
  3. それでも思いっきってリセットしたい一人美容室経営者はおいでください

一緒に楽しみましょう^^

働きながら、給料を稼ぎ、経営ノウハウを学ぶ、のれんわけ

学校と違い、授業料を払って勉強するのでなく、貴方は仕事して稼ぎながら、一人美容室のノウハウを学びます(ただ、ぼーっとしている暇はありませんよ)お互いに利益が生まれる関係です。

そし帰国したあと、日本で独立して下さい。私のノウハウを使って起業すれば、暖簾(のれん)分けです。お金をかけずに、集客も出来ますし、家賃の安い、へんぴなところでも自分だけの忙しいお店が出来ます